FC2ブログ

カープシンカーバックリード

仕掛け 釣具
11 /23 2015
世の中、カタカナ語が多くなって判りづらくていけませんww、
カープシンカーバックリード 、つまり落としオモリの事です、落としオモリという名前も、いまいち判りづらいですがwww.

DSC06860_512.jpg


仕掛けを投げた後、道糸に通して、道糸を沈めるためのオモリの事です。
道糸を底に這わせることで、魚の警戒心を和らげるのが本来の目的、道糸の水の抵抗も減るので流川でも有効らしいのですが、私は、しばらく流川で釣りをしてないので、この辺はよくわかりませんw、

私がこれをよく使うのは、道糸を竿の近くで沈められるので、竿を並べたとき、取り込みがしやすいのが一番の理由です、
それに、霞ヶ浦の場合、バスボートが置き竿に気が付かず、すぐ近くまで来る事がたびたびあります、そんなときも道糸を沈めてあれば安心です



今までは、右側に写ってるクリップを利用したものを使ってましたが、本格的なものはどんな物なのだろうと、購入してみました、
一番大きいサイズを買ったのですが、想像よりちょっと大きかった、この一つ下のサイズでもよかったかもしれませんw、この辺は通販の弊害ですね、

DSC06861_512.jpg


理屈は、今まで使ってたものと変わりません、オモリが掛かりにかかった時は抜けるように出来てます、右のオモリも一応抜けるようにしてありますが、抜けやすさが全然違います、
確かに、これが引っかかった状態で抜けないのは、とても困りものです、それでも想像以上に抜けやすく出来てました、
すぐ取れてしまいそうなので、かなり消耗品的使い方になるんだろうと思います、

無くなるのを覚悟なら、手前に掛かりが多い場所でも使えそうです、そう、いま釣ってるテトラ周りでもです、
やはり、実物を見ないと判らないものですねえ、自作するにしても参考になります。








食べれるの?食べていいの?
DSC06866_512.jpg

DSC06871_512.jpg







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

inakakoi

霞ヶ浦の近くでやってるコンビニの親父、