FC2ブログ

仕掛けのバランス

仕掛け 釣具
10 /20 2016
前回の釣りはからっきしだった訳ですがww、全く収穫が無かったわけでもありません、一つ確かめる事が出来たことががあります。


今、私の仕掛けは、道糸ナイロン12号~14号、ダイワのリードコアリーダー、ワイヤーライン、ダイニーマハリス8~10号、を使っています、
心配だったのは、これで掛かりに掛かったとき、道糸が切れてリードコアリーダーより先が水中に残ってしまうのではないか、という事、
以前はそれを防ぐために、ワイヤーラインの部分をナイロンの10号にしていましたが、青の鼻先で石にこすられ切られるという話を聞いて、ワイヤーにしています。これで上手くハリスが切れるだろうか?

この仕掛けにしてから掛かりにかかることが無かったので確かめる事がありませんでしたが、前回の釣りで、ついに掛けてしまいましたww、

一抹の不安を覚えながら、道糸を玉網の柄に巻き付け引っ張ると・・・・

結果はこうでした、

DSC09108_512.jpg

オモリは上手く外れ、ダイニーマのハリスが切れています、
良かったあw、大丈夫だとは思っていましたが、実際にこれを見て安心しましたww、

これで安心してリードコアリーダーもワイヤーラインも使えますw、もっとも、道糸に傷があればこうはいかないですし、ナイロン糸は劣化も激しいのでチェックは怠らないよにしないといけませんが、

なるべく水中に残るものは少なくというのは、釣り人のモラルとして必要でしょう、仕掛けのバランスは大切だと思いますですよ。
と、結果が大丈夫だったので宣ってみましたwww。

釣りは、場数踏まないと判らない事が結構あります、坊主でもなんでもやってみる事ですかねw。





DSC09106_512.jpg

釣り場のすぐ後ろにあるレンコン畑からの夕焼け、


スポンサーサイト



初めての場所

釣り場にて
10 /19 2016
18日、19日と竿を出してきました、

今回は初めての場所に挑戦、例のドッグです、
船の通り道に二本、ちょっと外したところに二本、いい感じだと釣り初めは思ったのですが、、、

DSC09098_512.jpg


まったく当たりが無いww、
前回に比べると、魚の跳ねやもじりもかなり少ない、
これは駄目なパターンかなあ、と思いながらも初めての場所だしと期待して二日目の昼まで頑張ったのですが、釣れる気配もなしで終わりましたww、

うーーん、悪くない場所だと思ったんですがねえ、鯉の当たりも無いというのは解せない、

唯一の当たりがこれでしたw、

DSC09107_512.jpg

まったく、どうしてこんな大きなタニシ食いつくのか?w、

一つ思ったのは、青魚の場合、障害物とかドッグとか、あまり関係無いのかなと、
あの体系は、鯉より泳ぐ範囲が広く、一カ所に留まる時間は少ないのかも知れない、障害物や物陰でじっくり餌を探すというより広範囲を探すのかも知れないなあ、と妄想しつつ釣れそうにない水面を眺めてましたw。

まあ、綺麗な夕焼けが見れたので、良しとしましょうwww。

DSC09103_512.jpg

この場所は諦めた方がいいのかなあ、

足元注意w

その他、釣り関連
10 /10 2016
前回の釣りでぶつけた左足親指、まだ治らないんですww。

あの後二日間は、ちょっと触れただけでも痛く、医者に行くことも考えたのですが、空中で動かしてみると骨には異常が無さそうなので様子を見ることにしました、

昨日、今日と、ようやく痛みが和らぎつつあります、腫れもだいぶ引き、靴も履けるようになりましたww、
歳のせいと、糖尿の気があるので、治りが遅いのでしょう、

今日の午前に、ホームセンターに行って安全靴(つま先に硬くカバーが付いてるやつ)を買ってきました、この手の靴は案外安く、最近では種類も増えて便利です、以前にも仕事用に使ってたのですが、最近は軽めの靴を履くようになっていました、
でも、今回の怪我で安全靴の素晴らしさを再確認した次第ですw、

もうね、釣りの時は安全靴にしますよw、夜釣りの時は足元見づらいですから用心に越したことはありません、

ついでに、雨様にショートレインブーツ(短めの長靴、ややこしいw)も買ってきました、普通の長靴だと寝てるときに当たりがあったとき、慌てちゃって履きずらいもんですからww、こっちはつま先は普通ですが。

DSC09093_512.jpg

この安全靴は踵がゴムになってて、潰してはいても大丈夫なようになってます、寝起きに急いで履くには持って来いですがなw。


人手不足の折、釣りで怪我なんかして仕事に支障が出ると周りの目が・・・・痛いw、当然、今週は釣りができませんwww。
とにかく、安全第一です、はい。

苦闘の記録更新w

釣り場にて
10 /05 2016
四日、五日、と釣行してきました。 いつもの場所でと思ったのですが、店の事情で早上がりしなければならなくなるかもしれないので、少し先まで出張って、土手の上に車を止められる場所にしました、

DSC09078_512.jpg

以前、東風の中釣った場所です。

一日目、当たりはあるものの乗らず、魚の跳ねが頻繁にあり、活性は高そうな雰囲気、
夜の8時ごろ、テントに入って横になってると、何時の間にか寝てしまいました、9時過ぎに目が覚めると今度は寝れないw、結局、日をまたいで2時頃まで本を読んでしまいましたww、

3時半頃アラーム音で目が覚めます、ピ、ピピ、ピ、という細かい当たりの後、ピピピピピピピーと走り出しました、このパターンは青かも、

慌てないつもりが、テントを出てけつまずき転んでしまいました、これがケチの付け始めw、
合わせてみると手応え有り、青で間違いなさそう、

暗闇の中、糸は結構出ています、ドラグを閉め気味にして寄せに入ります、でもなかなか寄りません、そうこうしてるうちに左の竿の糸に絡まれてしまいました、同行者がいれば竿を上げてもらえるのですが、単独ではどうにもなりません、落としオモリはしてあったのですが、青魚は鯉と違って潜る、底近くの道糸でも絡んでしまったのでしょう、

それでも、ようやく寄ってきました、タモを構え取り込もうと思ったとたん、ギュン、ギギギギギー、とドラグを鳴らしながら反転、えらい勢いで抵抗します、

思わずタモの柄を放して両手で竿を持ってしまいました、なんと、不覚にもタモがタモの柄ごとコンクリートテラスの上から滑り落ちてしまいましたww、岸から2メートルほど先、

アチャー、どうしようwww、

一瞬、このまま水に入ろうかとも思ったのですが、車にウェダーを積んであるのを思い出しました、後部座席の足元、なんとか取れるかな、

ドラグを緩め、糸を緩ませないように注意しながら土手を上り、車からウェダーを取り出し、竿を操りながら着込みますww、
なんとか着込んだところで、持ってる竿を立てて深さを測り水に入ります、幸い岸近くは浅く、股の下ぐらい、玉網を拾い上げましたが、テラスに上がるのは無理そうなので、水の中でやり取りを続けます、

ユーチューブなどで、水に入ってやり取りする姿を見て、いいなあ、なあんて思っていましたが、やってみると寄せにくいw、高い場所の方が断然寄せやすいです、網入れはやり易いかな、 30分ほどの悪戦苦闘の末、ようやく網に入れることが出来ました、

DSC09081_512.jpg

針掛かりもばっちり、

DSC09082_512.jpg



 例のキープネットに入れて、明るくなってから検量と記念撮影、135センチでした。

DSC09089_512.jpg

念願の130オーバーの青魚を釣ることができました、この釣りを始めて丸二年、そろそろ青魚初心者の看板は降ろしてもいいかなw、

かなりの寝不足の中、その後50センチ台の鯉が二本、ぼーっとしてまして、さっきと同じ個所(右足親指)をぶつけてしまいました、 かなり痛い、まだ痛みますww。

2016年10月5日

釣果
10 /05 2016
青魚 135センチ (自己記録更新)
タニシ


DSC09088_512.jpg

inakakoi

霞ヶ浦の近くでやってるコンビニの親父、