FC2ブログ

FOX(フォックス) バックレッド

仕掛け 釣具
04 /22 2016
メーカーによって呼び方がちがうようですが、落としオモリですw。

以前ダイワコーダ制のバックリードを紹介しました(ここ)、この時書きましたが、やはり取れやすくて釣行の度に何個かなくなってしまいます、
青魚が掛かったときは、やり取りをしてるうちに必ずと言っていいほど外れてしまいます。

それで今回は、FOX製のバックレッドの方を買ってみましたw。

DSC08269_512.jpg

ダイワコーダ制より、一個当たりのお値段は高いんですが、こっちの方がお得かもしれません、(280円と432円)
なぜなら、かなり外れにくいww、

DSC08271_512.jpg


これだったら、掛かりにかかって、にっちもさっちもいかなくならない限り外れないと思います、
糸への取り付けもやりやすそう、夜釣りで竿の先の道糸に通すのは思ったよりやりにくいものでした、落としでもしたら探すのが大変ww、
でも、バックレッドの方なら、片手でも簡単にできそうです、

これは、少々高くても、明らかにバックレッドの方をお勧めしますww。

スポンサーサイト



釣り場の一人めし

キャンプ・アウトドア
04 /21 2016
一人で夜釣り、ソロキャンプでの夕食、
薄暗くなった湖を前に一人調理する姿は、はた目から観れば物好きにしか見えないかも知れませんw、
ですが、本人はかなり楽しんでいますw。

このところ、夕飯は決まってカレーになってしまってます、実は去年の夏ごろ仕入れた缶詰のカレーが思ったほど売れず、売れ残ってましてw、その処理のために釣りの時はカレーとなってしまってますww。
元々カレー好きですからいいんですが、この缶詰カレー、レトルトのカレーと違って湯煎ではなく、鍋に缶詰から開けて温めるようにできてます、それが少々メンドイw、

そういう時に便利なのがこれ、ステンレス シェラカップ
DSC07922_512.jpg
DSC08051_512.jpg

上の写真では、スープを温めています、カップを直に火にかけられますので、コーヒー一杯分のお湯を沸かすのにも便利、
これにカレーを缶詰からうつして火にかけると、あっという間に温まります、

DSC08053_512.jpg

というわけで、カレーはアッというまに温まるのですがご飯の方はそうはいきません、
パックご飯は、本来電子レンジ用のようでして、電子レンジなら2分ほどで温まりますが、熱湯の場合15分以上かかります、温め不足はぼそぼそで食べられたものではありません、温めすぎと思うくらいでちょうど良いみたいです。
なので、初めはコンロで温めていたのですが、最近はなるべく薪ストーブを使うようにしてます、(ガスボンベのガス節約のためw)

DSC08191_512.jpg

両方温めるだけですから、調理というわけでは無いのですが、それでも準備が出来上がりいざ食べようという時は満足感のようなものがあります、一人での夜釣りを楽しむには、こういう作業を楽しいと思う人じゃないと難しいかもしれませんw、

DSC08054_512.jpg

なかなか美味しそうでしょ?w、

先日の釣りの時は、さあ食べましょうという段階でアラームが鳴りましたww、
それもよわよわしいながらも糸を持って行ってる、食べようと思ったカレーを置いて、慌てて合わせるとなんと空振り、スカッ、という音が聞こえたような気がしましたよw、
餌を再投入してカレーを食べようと思ったら、せっかく温めたカレーがすっかり冷めてしまっていましたw、
こういう事も含めて、一人での夜釣りとうのは面白いと思っています。

そうそう、みなさんもやってみようと思うなら、軍手の用意は忘れずにw、私は二度ほど火傷してますww。


ものたりないw

釣り場にて
04 /19 2016
18・19日と釣行してまいりました、(所要がありまして、今回は月火)

まだ新しい竿とリールを颯爽とセット、いい感じですw。

DSC08186_512.jpg
DSC08187_512.jpg
DSC08188_512.jpg

一日目は、数回短いアラーム音はなりましたが、釣果は無し、
この短いアラーム音、針が大きいせいかと思ってましたが、関係無いみたいですww、前回より多いくらいでしたw、

ぐっすり眠っていた二日目3時半、またも短いアラーム音で起こされましたw、なんだよおと思っていると繰り返し鳴ります、眠い目をこすりながら合わせてみると、なんか付いてるという感じw、
上げてみると、50センチ前後の鯉、

DSC08192_512.jpg

この位の大きさの鯉が、あの短いアラーム音の正体のようです、この大きさの鯉にこの時間に起こされるのは辛いww。

テントに戻って寝直しw、すると6時半頃アラーム音、今年はこの時間帯に青魚を二本上げているので期待したのですが、残念ながら73センチの鯉、
DSC08195_512.jpg

その後も午前中に、50台の鯉が二本、
DSC08197_512.jpg
DSC08200_512.jpg

今回は、青魚の顔は見られませんでした、
暖かくなって、鯉の活性が上がり、逆に青君が釣れにくくなった、そんな風に感じましたw、
一度あの引きを体験してしまうと、この程度の鯉では物足りなく感じてしまいます、去年の今頃まで坊主続きで泣いてたのが嘘のようwww、
まったく勝手なもんだ、と自分でも思いますw。

ニューリールですが、キャシャな感じは否めませんが、操作もしやすく悪くない、と感じました、超大物が来たらどうかという不安は拭えませんでしたが、何とかなりそうかな、

この後、少々用事が続きまして、次の釣りはGW過ぎになりそうです、

2016年4月19日

釣果
04 /19 2016
2016・4・16
鯉 73センチ  タニシ

DSC08195_512.jpg

黒いニューリール

仕掛け 釣具
04 /13 2016
注文していたニューリールが届きました、FOX(フォックス) リール EOS 10000 です。

一目見た感想は、思ったより小さい、でしたw
DSC08153_512.jpg
DSC08164_512.jpg


今まで使っていた古いリールとほとんど同じサイズ、鯉には充分なサイズですけど、青魚相手にはどうかという不安は拭えません、EOS10000の10000という数字に惑わされましたww。
今まで使ってたリールというのは、10年以上前、まだBRクラッチが珍しい頃に買ったもので、ネット通販で探してもBRクラッチ付の手頃な物はそれしかありませんでした、値段は確か5000円よりは下だったと思います、(はっきり覚えてないww)

まあ、それでも先日の青魚は上がった訳で、何とかなるとは思うのですが、超大型がきても平気なようにと思っていたので、ちょっと微妙かなあw、
ただ、世の中は進んでいます、同じ大きさだからといって、性能も同じという事ではありませんよねw、
ハンドルを一回りさせたときの巻き取りの長さを図ってみると、新しいリールのがかなり長かったです、リーガルプラスに比べるとちょっと短いですが、見た目の印象ほど差はありませんでした、

DSC08165_512.jpg

小さくて高性能ならいいんですけど、一度使ってみないと判りませんねw、
糸は今回ナイロンの12号にしました、遠投するわけではありませんので巻き取り量はこれで大丈夫かなと思います。

小さい、軽い、糸も見た目より巻ける、これで力があればいう事なしなんですがw、

ドラグ調整のハンドルは大きめで操作はしやすそうです。
DSC08159_512.jpg

DSC08166_512.jpg

早くこれで一本上げてみたいものです、そうじゃないと正直判断が付きませんよw。

ちなみに、デザインはかなり好みですwww。

inakakoi

霞ヶ浦の近くでやってるコンビニの親父、