FC2ブログ

チェアー釣り座

仕掛け 釣具
01 /31 2016

店の人手不足解消まで、じっくり待つブッコミ釣りができそうにありません、
店を空けられる時間は、平日のお昼前から午後4時ごろまで、それでも釣りはやりたいww、

という事で、誘導式の浮き釣りの準備をしてる訳です、
釣り場についたらパッと初めて、時間になったらパッとしまいたい、そうなると、一番手間のかかる釣り座を簡単なものにしたい所です、

ヘラ釣り用の台座ももっているのですが、これだと組立てが面倒ですし、スピニングリールなので、ヘラ式の万力と竿掛けが使えません、なんかいい方法はないものかと思っていたところ、こんな動画を発見しました、



これなら簡単に準備できそうです、ただ、私がやろうとしてるのは、あくまで大物狙いww、ライトタックルとは違いますので一工夫いたしましたw、

DSC07645_512.jpg
DSC07647_512.jpg
DSC07648_512.jpg

なかなかいい感じですよw、動画のより、合わせもしやすいと思いますし、竿を持っていかれないように竿を挟めるようになってますww、
この金具、実は釣り具ではありません、自転車用傘立てを転用しましたwww、これです、アマゾン
思ったよりしっかりした作りで、なかなか応用範囲が広そうな製品です、

しまう時はこんな感じ、

DSC07642_512.jpg

多少かさばりますが、他の荷物が少ないのでなんとかなるでしょうw。


これで、遊動浮き釣りの準備はほぼ整いました、あとは決行あるのみw、
来週、天候と店の様子を見ながら決行したいと思っています。
スポンサーサイト



流川用浮き

仕掛け 釣具
01 /29 2016
鯉釣りの浮き釣りと、ヘラブナの浮き釣りでは、似てるようで結構違ってきます、
ヘラブナの仕掛けでも鯉は掛かってきますし、そのまま仕掛けを太くすれば釣れる訳ですが、鯉の場合、繊細な浮きのバランスとか、5ミリ単位での棚どりとかの必要はありませんw、はっきり言って、やるだけ無駄ですwww、

鯉の吸い込む力は、ヘラブナのそれとは比べ物になりません、繊細な浮き仕掛けでようやく判るような当たりということはまずありませんし、付ける練りエサも大きさが全然違います、餌の重さで浮きが沈んでしまいます、細かく棚どりしても餌自体が錨の役割をして浮きを引っ張り、5ミリほど浮きの位置を変えたからと、あまり意味がありません、
もしカラツン対策で、もっとハリスを這わせたい、と思ったときは浮きの位置を変えるより、ハリスの長さをおもいっきり変えたほうが効果があると思います、ましてや外通しや中通しで釣るなら、浮きさえ出ていればあとは無意味ですwww。

要するに、かなり大雑把でも釣果は変わらないと思われますww、少々流れがあっても、浮きさえ水面にあれば釣れるということです、ヘラブナの場合、仕掛けが繊細な分流れが出ると釣りづらくなりますが、鯉の場合は逆に流れがあったほうが食いもよくなり、釣りやすくなる場合が多いと思います、

ところがですねえ、それにも限度がありまして、オモリで餌を止める訳ですから、流れが強くなると簡単に浮きが沈んでしまいます、浮き下を長くして対応するんですが、それでもどうにも成らないほど流れが強い場合があります、そういう時は浮きのバランスより浮力のが重要になってきます、

という訳で、流川用の浮きを考えてみました、

鯉釣りで使ってる普通の浮き、軟質発泡材、それとゴム管を用意します、

DSC07620_512.jpg
DSC07621_512.jpg

ゴム管は、発泡材の滑り止めに使うので、緩すぎずきつすぎずの物を選ぶ必要があります、私の場合はホームセンターに売ってる、網戸止め(太)を使いました、丁度良いゴム管がなければ、ビニールテープを細くして巻いても大丈夫かと思います、

そのゴム管を、浮きトップの三か所に付けます、

DSC07623_512.jpg

ゴム管の場所に、ゴム管が上のほうになるように輪切りにして切り込みを入れた発泡材を付けます、

DSC07624_512.jpg

出来上がりはこんな感じです、

DSC07625_512.jpg

発泡材が取り外しが効くのがミソでして、流れの緩いときは普通のまま使用し、流れが強いときだけ発布材を取り付けることができます。
浮きをブンブン振っても発泡材が外れませんので、このままでも平気だと思います、もし不安なら瞬間接着剤で発泡材の切れ目を付けてしまえば発泡材が取れることはないでしょう、これならかなりの流れでも対応できると思います。

以前はトップの根元の部分だけ発泡材を付けていたのですが、例のてんてい(小林重工)のところの浮きを見まして、ちょっと真似てみましたww、なるほどこの方が、流れだけではなく風で波立ってるときにも良さそうです、
またちょっと遠目のポイントを狙う時も、識別しやすくていいと思います。

今回の誘導式浮き釣りは、店の人手不足のため、短時間でもそれなりに楽しめる、それこそお手軽釣行を目指していますので、釣り座もいろいろ考えました、
次回は、それを紹介しますね。



魚群探知機は斜めに測れるのか?

その他、釣り関連
01 /26 2016

昨日ちょっと失敗してしまった魚群探知機ですが、もう少し沖目の魚も探れないかと再挑戦してきました、
魚の反応が小魚かどうかも確かめたかったですしw、

今回は、金具で固定して、センサーが斜めに出来るようにしてみました、手前から斜めに測れば理屈上は沖目の魚も探知できるはずww。

DSC07574_320.jpg

昔使ってた手作りロッドポッドを持ち出して、竿を固定、

DSC07566_320.jpg
DSC07571_320.jpg

いい感じですよw、そしてスイッチ入れてみると

DSC07569_320.jpg

右上の水深の表示が3.9Mになってます、昨日より深く表示してますから、斜め方向に測る事に成功でしょw、
ちゃんと魚の反応もありますよ、


もう少し沖目まで測れるように角度を調整し再度挑戦、

DSC07570_320.jpg

おおー、ちやんと水深が7.6Mになってるw、魚増えてるしwww、
いける、これならいけるぞww、・・・・
でも、感度落としてもこれだけ魚の反応があるなら、探知機いらないよねwww、

なんの魚が反応してるのかなあ?これだけの数だと、鯉や青魚とは思えない、
やっぱり利根川もアメナマの巣窟と化しているのでしょうか、

ま、釣ってみれば判るか、来月になったら、3~4時間しかできないけど試してみようかな。

秘密兵器?w

その他、釣り関連
01 /25 2016

一か月ほど前、アマゾンで釣り具を検索していると、目についたのがこれでしたw
大漁くんデラックス、携帯魚群探知機ですw。

DSC07549_320.jpg

オモチャみたいな値段(3,889円送料無料)なので、まあこれなら試しに買ってみてみようか、と、ポチッとしちゃった訳ですw、
レビューを読んでみると、届くのが遅いという苦情はありますが、性能面ではおおむね好評のようでした、
確かに届くのは遅かった、中国から直送のようですww、

日本語の解説書がない、そこが一番の難点かなw、実際に使ってみなくてはボタンの意味も分からないので、さっそく利根川まで行ってきました。

こんな感じで、以前使っていた竿の先にとりつけ、いざ出発。

DSC07550_320.jpg

安定の悪い石の上に乗って、なるべく沖目に届くようにと頑張ったのですが、竿に付ける方法ではこれが限界、

DSC07551_320.jpg

それでも、電源を入れてみると、ちゃーんと反応しましたよw、

DSC07559_320.jpg

おお~、魚の反応が、それも大量にwww、ナマズかニゴイかもしれないけど、魚のたまり場になってるのかも、
と、この時は大喜び、水深も水中に垂らしてる分を差っ引けば、先日測った時とほぼ一緒、なかなか優秀ですよ。

ついでに、霞ヶ浦も廻って、こんな場所も試してみました、

DSC07564_320.jpg

するとですねえ、

DSC07565_320.jpg

うわぁ~、魚がいっぱいだぁ・・・・・・って、おい、

これ、ジャミだろw、中層にまでいるってことは、クチボソか?

帰ってきて、アマゾンのページを見て判ったのですが、どうやら感度選択ができるらしい、つまり、今日は小さい魚でも反応する感度で見てしまったらしいですw、
どうりで、やけに魚が多いと思いましたよwww、


ちょっと失敗してしまいましたが、機能自体は合格点だと思います、
もう少し沖目まで測れるといいんですが、なんかいい方法はないものか、考えどころです、
ワカサギ釣りやタナゴ釣りには、とても良いかもしれません、ボートがあれば活用方法も広がりそうです、

本当は、これを設置したまま、浮き釣りが出来ないものか、と考えてたのですが、今回の方法では無理みたいです、
竿の先に延長の針金みたいなものを付けるとか、なにか考えないとw、

ま、浮き釣りは、浮き自体がセンサーですから、邪道と言われれば、その通りなんですがwww。





流川用大物狙い遊動浮き仕掛け・改

仕掛け 釣具
01 /24 2016

前回の仕掛けですが、改めて見ると、ちょっとゴチャゴチャしすぎww、
流れの強さが変化する利根川に対応しようと、脳内妄想した結果だったのですが、仕掛けはなるべくシンプルなほうがいい、

ということで、余計なものを取り省いてみました、

DSC07548_320.jpg

だいぶシンプルになりました、
止水では、バランス用の板オモリだけ残して先のオモリを一切つけなければ、今までの仕掛けとそう変わらずに浮きが反応するんじゃないか?、
流れが出たときでも、ハリス部分は底に付いてるのだから、バランス用のオモリは宙に浮いてて平気じゃないか?
強い流れに対しても、先につけるオモリの大きさだけで対応できるんじゃないか?
と、再妄想した結果こうなりましたww、

バランスオモリを宙に浮かせれば、浮きの感度はかなりのものだと思います、(妄想では)

水の中ではこんな感じになるはず(妄想では)

DSC07547_320.jpg

これで、一度試してみるつもりです。




仕掛けとは別に、浮き釣り用の秘密兵器を一つ購入しましたw、注文したのはかなり前なのですが、先ほどようやく届きました、
これが、うまく作動してくれれば、今までとは違う面白さが味わえそうなんですww、

その秘密兵器については、次回に書きますww。

inakakoi

霞ヶ浦の近くでやってるコンビニの親父、